株式と不動産で資産運用を目指す | 個人投資家のブログ

平凡なサラリーマンが株式取引や不動産運用を通して1から資産形成を目指し、赤裸々に記録を残すブログです。運用成績や投資についての所感も書いていきます。

貯金が貯まる!全自動の家計簿サービス「マネーフォワード」をおすすめします(前編)

マネーフォワードって知ってますか?

ずいぶんと更新をしていませんでした。三日坊主ですみません。

さて、今回は「資産管理ツールのマネーフォワード」というサービスについてお話をします。

 

マネーフォワードとはだれでも簡単に続けられる全自動の家計簿サービスです。WEB上で利用できることが特徴で、スマホなんかではアプリも出ています。

 

このマネーフォワードがとても便利で資産管理に最適なので、このブログを見てくれているあなたにもおすすめしたいと思います。

 

そもそもなんで家計簿サービスを使い始めたか?

僕みたいにサラリーマンである以上、投資に充てるお金は給料から捻出するしかありません。

投資費用を貯めようと思ったらまず一番最初に考えなければならないことは、計画的に自分の支出を管理していくことではないでしょうか。

 

それほど給料が高くない いたって平凡な僕の場合、自分が月々いくらを会社からもらって、いくら使っているのかを知ることが必要です。

そこで多くの人がまず最初に思い浮かぶことは「家計簿」です。

 

しかしながらこの家計簿というものは、管理が面倒なんですね。

支出があるたびに記録していかなきゃならない。これは。。。続かない。

 

続かないなら、続きそうなものを見つけるしか無いんです。

 

何のため?

 

そう、貯金をするため。そして、その貯金を投資費用に充てるためです。

 

マネーフォワードの機能的な一番のメリットは

使っている銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイントの口座まで、なんと一括で管理できること。これが素晴らしく便利です。

 

たとえば銀行口座などは1つだけ持っているという人は少ないのではないでしょうか。

丁寧にそれぞれの銀行口座で記帳をしている人でも、全部の口座を合わせたらいくらなのか把握している人は少ないと思います。

その全部の口座に入っている金額を知ることにおいて、マネーフォワードの右に出るものはいないと言っても過言ではないでしょう。

ちなみに現在は1800社以上の金融機関に対応し、対応数はNo.1だそうです。

 

残高などを取得するのはセキュリティ的に大丈夫なのか?

最初は不安ですよね。

でも仕組みやそのセキュリティがどの程度のレベルなのかを知ってしまえばある程度安心です。

以下のような仕組みです。

 

  1. インターネットバンキングなどのログイン情報を入力
  2. マネーフォワードが取引履歴を自動取得

 

これだけです。

「ログイン情報ってそれが一番危ないんじゃないか?」と思われるかもしれません。このあと記載しますが、入出金などに利用する取引パスワードは入力しないのです。

 

セキリティについては以下。

 

  • 金融機関と同じ水準でのデータの保護を行っている
  • 情報の送受信には256bit SSL暗号化通信を採用
  • 原則、入出金など取引に必要なパスワードも不要

 

ちなみにマネーフォワード内にも個人情報を特定する情報は登録しませんので、最悪サイトがハッキングされたとしても、少なくとも誰の口座なのかは分からないようになっています。

 

紹介がちょっと長くなりましたので2回に分けたいと思います。続きは後編へどうぞ。

貯金が貯まる!全自動の家計簿サービス「マネーフォワード」をおすすめします(後編)


貯蓄