株式と不動産で資産運用を目指す | 個人投資家のブログ

平凡なサラリーマンが株式取引や不動産運用を通して1から資産形成を目指し、赤裸々に記録を残すブログです。運用成績や投資についての所感も書いていきます。

不動産投資について

金持ち父さん貧乏父さん: アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

金持ち父さん貧乏父さんを読んだことのある人は、ロバート・キヨサキがサラリーマンの傍ら購入したアパートから不労収入を手にしたことはご存じかと思います。

 

僕もですが、この本を読んだ時に初めて「資産」について考えたものです。

それはもう目からうろこがボロボロ落ちました。

 

有名な例えですが

投資は後々あなたの懐にお金をもたらしてくれる。

消費は後になってもあなたの懐にお金をもたらしてはくれない。

 

というようなものがありました。

実によく投資と消費の違いを表しているなと思います。

 

僕がこの先も行なっていきたいのは「投資」

本を読んだ当時も、不動産投資ってすごいな!とは思いましたが、腑に落ちてはいなかったと思います。

今になって、目先の「消費」だけを繰り返してきたことを省みて、今後は「投資」に資金を投入していこうと思い、現在は投資活動を始めています。(軍資金がないのでもっぱら株式投資ですが。。)

 

不動産投資の魅力

特にその魅力に気づいたのは、「会社オーナー兼マンションオーナー」の方に出会った時からだと思っています。

不動産は一度手に入れれば、不動産自体が資産に変わります。それも自分で住むのであればローンは自分で払っていく支出に他なりませんが、他人に貸すことで賃貸収入を生み出します。

子供が生まれて、学校に行き出せば教育費がかかります。

普通は働いて得た給料からその教育費を捻出すると思います。

でも、それは「労働収入」と言って自分が働くことができなくなった途端に手に入れることができなくなってしまうリスクをひそめています。

 

「働いてお金を稼ぐ」

これは普通に日本で生活していれば誰もが当たり前に行っていることです。でも自分が気づいてしまったリスクを回避するには、その当たり前から脱却することが必要です。

そして、それが可能なものが「不動産投資」

不動産にお金を生んでもらうことに他ならないと思っています。

 

また、株式に何百万とつぎ込んでも、配当という見方をした場合には、その収入の差は同じ金額を投資ししたとしても不動産の比ではありません。

 

自分が手にしたいリターンから投資商品を選ぶ

僕が手にしたいリターンは毎月の数十万です。その金額を手にしている方は東京都内に溢れるほどいます。

不動産屋の仕事をしているからこそわかりますが、都内の分譲マンションが賃貸に出されれば10万円~数十万という賃料がつきます。

そして、それを借りれる人も都内には溢れているのです。

 

自分が何をしたいのか?どれくらいのリターンが欲しいのか?

それがわかれば不動産投資を自分のポートフォリオにいれることは堅い選択なのです。

広告を非表示にする